チョコミン党ならぬ「冬ミン党」 寒い季節のミント活用術

2018.01.25

冬だってリフレッシュしたい

 クールで爽やかな香りが夏をイメージさせますが、ミントは1年を通じて活躍します。冬のミント活用術をご紹介します。

1.乾燥する室内で
 空気が乾燥する冬。アロマ加湿器にペパーミントの精油やハッカ油を加えると、部屋の中に爽やかな香りが満ちて、乾燥が和らぎます。アロマ加湿器がなければ、マグカップでもOK。お湯を入れてハッカ油を1滴たらせば、手軽にミントの蒸気浴が楽しめます。ただし、入れすぎると目にしみたり、むせたりすることがあるので注意しましょう。

2.満員電車の中で
 厚着と暖房で息苦しい冬の満員電車。ミントの精油かハッカ油を含ませたハンカチまたはティッシュをポケットに忍ばせておき、口元にあてて香りをかぐと、気分がリフレッシュします。

満員電車で気分が悪くなりそうなときには、ミントの香りでリフレッシュ


3.ムレる靴のお手入れに
 寒い季節でも、意外とムレる靴の中。とくに湿気のこもりやすいブーツや革靴はニオイが気になります。ハッカ油を数滴コットンに含ませ、乾燥剤と一緒に古い靴下やストッキングに詰めたものを脱いだ靴の中に入れておけば、次も気持ちよく履けます。

4.ホットで楽しむ
 ホットでおいしいミントのドリンクはミントティーだけではありません。お酒好きなら夏の定番カクテルを冬仕様に。モヒートやミントジュレップを作るときに入れる炭酸水や氷の代わりにお湯を加えれば、ホットカクテルが楽しめます。ノンアルコール派にはミントコーヒーがおすすめ。コーヒーをドリップするときに、フィルターにミントの葉を数枚加えて抽出すると、コーヒーの香りとともにミントの爽やかな香りがふわりと立ち上ります。就寝前にはホットミントミルクでリラックス。マグカップにミルクとミントティーのティーバッグを入れてレンジで温めれば完成です。

 暖房でぼーっとしているときに、しゃっきりとさせてくれるミント。冬のリフレッシュタイムのお供に、ぜひお試しください。

ページ上部に戻る