のど越しスッキリ! パリのカフェで定番のミドリのドリンク「マンタロー」

2018.06.29

 フランス人の日常に根付いている、カフェ文化。パラソルの下に並んだテラス席でゆったりと過ごす光景は、優雅でおしゃれに見えますね。そんなフランスのカフェに、ミントを使った夏の定番メニューがあるのをご存じですか。

鮮やかなグリーンが印象的

 カフェで人気のエスプレッソやカプチーノに並んで、よく飲まれているミントドリンクは、「マンタロー」。

 「え? 万太郎?」と聞き返したくなる、日本人にはなじみやすい名前です。フランス語では、「Menthe à l'eau」と書き、その正体は、ミントのシロップを水で薄めたもの。「menthe=ミント」で、フランス語では「マント」と発音します。それに「l'eau(ロー)=水」が加わって、「マント・ア・ロー=マンタロー」です。

 見た目はとても鮮やかなグリーンで、まるでメロンソーダのようです。そのお味は、ほんのり甘く、ミントがスーッと香って、のど越しスッキリ! ほかにも、炭酸水やレモネードで割るなど、いろいろなアレンジが楽しまれています。

暑い季節を涼やかに

 実は、シロップを使ったドリンクはフランスでは人気メニューのひとつ。ミントのほかにもイチゴやグレナデンなどさまざまなシロップを使ったドリンクも並びます。

 カフェ文化の中心といえば、パリ。歴史あるカフェが多く、数々の小説や映画に登場しているお店や、かつてピカソやシャガール、モディリアーニなどの有名芸術家たちが通ったことで知られるお店もあります。そんな老舗カフェにも「マンタロー」はあるのです。

 ミントシロップは日本でも手に入るので、フランスまで行けなくても、パリのカフェを思い浮かべながら暑い季節を涼やかに過ごしてみてはいかがでしょうか。

ページ上部に戻る