五反田&恵比寿駅近に「本場サウナ」 ミント香る「ロウリュ」も楽しめる!

2018.05.02

 カプセルホテルの事業を展開するナインアワーズは2018年4月20日、不動産業のヴィエント・クリエーションとともに、ロウリュができるサウナと仮眠・宿泊スペースを用意した施設「ドシー五反田(℃五反田)」をオープンした。2017年12月にオープンして人気の「ドシー恵比寿(℃恵比寿)」に続く、2店舗目。

ミントの香りでリフレッシュを

 「ドシー」のサウナは、本場フィンランドに倣って、室内は高めの90℃前後で定温管理しているのが特長だ。サウナの中でおこなうロウリュは、熱した石(サウナストーン)に利用者自身で水をかけて、蒸気浴を楽しむ入浴方法。近頃、サウナ好きや温泉好きから、注目を集めている。

 ロウリュでミント水を使うのが、「ドシー」ならでは。ミント水をかけると、爽やかな香りが室内に広がっていく。ナインアワーズの担当者は「『ドシー』をスポーツジムに行くような感覚で、気軽に利用してほしい、というねらいがあります。気分をリフレッシュできるよう、爽やかで清涼感のあるミントを使用することにしました。毎日、新鮮なミントを用意していますよ」と話す。

「℃五反田」のサウナ内。中央にサウナストーンがあり、ここにミント水をかける。

 サウナを出たあとのクールダウンは、水風呂ではなく、冷水シャワー「ウォームピラー」(TOTO社製)を使うのもユニークだ。水流を制御した柱状の水が頭上から流れ落ち、水流にやわらかく包まれるような浴び心地。シャワーの水温は複数の中から選べ(「℃五反田」は10℃、15℃、20℃、常温/「℃恵比寿」は15℃、20℃、25℃、30℃、常温)、ベンチに腰掛けてリラックスしながら、クールダウンできる。熱いサウナとクールダウンの繰り返しにより、体の芯から温め、リフレッシュ感をもたらす。

柱状の水が頭上から流れ落ちる「ウォームピラー」。

 シャワースペースに用意したアメニティも、ミントにこだわった。並んでいるのは、老舗石鹸メーカー玉の肌石鹸社製の「TAMANOHADA 006」(シャンプー/コンディショナー/ボディソープ)。複数のミント系の精油に、レモングラスなどをブレンドした、爽やかな香りを楽しめる。「TAMANOHADA 006」は過去に限定生産されていたものだが、このたび「ドシー」専用で復刻した。ちなみにサウナフロアには、自由に飲めるミントウォーターも用意しており、まさにミントづくしだ。

玉の肌石鹸の「TAMANOHADA 006」。左からシャンプー、コンディショナー、ボディソープ。

 「一般的なサウナとは違い、短時間でリフレッシュできるのが魅力です。これまでサウナとあまり縁のなかった若い方に、食事のあとなどにも、気軽に利用してほしい」と担当者。忙しいビジネスパーソンにとっては、スキマ時間のリフレッシュにもよさそうだ。

 サウナを楽しんだあとは、仮眠や宿泊も可能。℃五反田は駅から徒歩約3分で男性専用(客室数は164室)、℃恵比寿は駅から徒歩約1分で男性女性(客室数は男性102室、女性60室)ともに利用できる。

●サウナ 1000円~
・最初の1時間は1000円。以降、1時間毎に500円。
・利用可能時間13:00~翌日9:00(最終受付8:00)

●仮眠 1500円~
・最初の1時間は1500円。以降、1時間毎に500円。
・利用可能時間 13:00~21:00(最終受付20:00)

●宿泊 4900円~
・チェックイン13:00~、チェックアウト翌日10:00

仮眠・宿泊スペースのあるフロア。

ページ上部に戻る