ミントカクテル“PIMM’S”片手にボートレースを観戦

2018.06.26

 イースターホリデーが終わり、夏学期も5週目に入った5月下旬。オックスフォードは毎年恒例の “Summer Eights”、カレッジ対抗のボートレースで盛りあがります。

オックスフォードの初夏の風物詩“Summer Eights”

 会場は街の中心を流れるテムズ川。ふだんは静かな川岸の遊歩道Thames Pathも、レースが繰り広げられる4日間は訪れる人が徐々に増え、最終日の土曜になると、観戦する人々で埋めつくされます。

 Summer Eightsは、ただタイムを競うだけのものではありません。“bump(追突)”レースなのです。6~7艇が一列縦隊でスタートしたら、それぞれ前にいるボートに追突しようと追いかけます。追突したら、相手を止めることができるのです。そして同時に、自分たちも追われているので必死。短時間にかなり消耗するらしく、「bumpされると特に、ガックリ疲れる」のだとか。2艇の距離が縮まってくると、観ているほうも思わず力が入ります。

 1つのチームは、コックス(舵手)と8人の漕ぎ手で構成されます。エントリーした中には、日頃から練習に明け暮れ、鍛えあげられたチームもあれば、「面白そう。やってみたいな」というノリでにわかに結成されたチームも。

 今年は1日あたり男性7回、女性は6回レースが行われましたが、「鍛えあげチーム」同士の回、「ノリノリチーム」同士の回、というふうに別々に組まれているので、バランスのとれた対戦を見ることができました。
 こうしてレースに参加する学生の数は、1500人ほどにのぼります。まさに一大イベントですね。

 ボートレースは、18世紀の中ごろからすでに、学生たちに人気のスポーツでした。この3月、惜しまれつつ他界したスティーブン・ホーキング博士も、オックスフォード在学中は、ボート部でコックスを務めていたといいます。

スポーツ観戦に最適なドリンクを作ってみませんか

 さて、スポーツ観戦で熱くなったときに、ぴったりな飲みものがあります。ご紹介しましょう。

■PIMM’S(ピムス)カクテルの作り方
 英国産リキュールのPIMM'Sが入った、紅茶色のカクテルです。

 パブでは、背の高いグラスでたっぷり供されますが、スポーツ観戦のときなどは屋台が出て、小ぶりなプラスチックのカップで売られています。そぞろ歩きしながら、気軽に味わうのにぴったり。
 PIMM'Sはベースになるアルコールの違いで、数種類あります。おすすめは、ジンをベースに、柑橘系エキスやハーブなどを加えたPIMM'S№1です。

1.背の高いグラスにPIMM'S №1を1、炭酸入りレモネード3の割合で入れて混ぜる
2.オレンジ、イチゴ、キウイフルーツ、キュウリ、レモンを切る(小さなサイコロくらい。量はお好みで)
3.2を1に入れ、氷少々を加えて、ミントを茎ごとひとつかみ入れる

 ジンとオレンジの風味にキュウリのみずみずしさ、イチゴやキウイフルーツの甘み、レモンの酸味が加わり、たっぷり入れたミントの香りが全体を爽やかにまとめます。夏の午後に飲みたいカクテルです。

 ピムスカクテルには、厳しい決まりはありません。レモンやグレープフルーツ、洋梨やスイカを入れるお店もありました。好きなフルーツで試してください。私的には、イチゴ、キュウリ、オレンジ、ミントはマストな気がします。

■Cucumber-Mint Water(キュウリ・ミント水)の作り方

飲んでしまったら水を足して冷蔵庫に入れ、もう一回作ることもできます。ただし、その日のうちに消費しましょう。

1.ガラスのピッチャーに洗ったミントの葉をひとつかみ入れ、すりこぎや木べらでたたき、香りを出す

2.キュウリ1本を洗い、水気をふいたらティースプーン1杯の塩をすりこんで、まな板の上で押さえるようにころがす
3.2をよく水で洗い、塩を落としたら輪切りにする

4.3と水1リットルを1に入れる
5.少なくとも15分(できれば1時間)冷蔵庫で冷やす
6.5を漉(こ)し、好みでノンワックスのレモン(薄切り)を足す

 基本的には水をしっかり飲むためのものですが、ミントとキュウリがわずかに香ることで、暑さを和らげてくれるような気がします。

オックスフォードの学生は試験にはAcademic dressが必須!

 Summer Eightsが終わってしばらくすると、街で正装した学生に会うことがあります。真っ白のシャツ、黒のスーツ、黒または白のタイ、黒のコート、黒の靴下と靴、ガウン、胸にはカーネーションが一輪。ふだんのラフな姿とは、大違い。こうしたAcademic dressという式服の彼らを見ると、「ああ、試験の時期なのね。おつかれさま」と思います。

 Academic dressを着用しない者は、試験会場に入れない、という厳しいきまりが昔からあるのです。そして胸のカーネーションは、最初の試験の日は白、その後ピンクになり、最後の試験では赤に変わります。
 赤いカーネーションの学生が多くなると、試験も終盤。もうすぐ夏休みです。

ページ上部に戻る