猫ひろしさんに聞きました-気の済むまで走る!そして、反省後に爆睡

2017.12.01


 お笑いタレントでマラソンランナーとしても活躍する猫ひろしさんは、2016年リオデジャネイロ五輪男子マラソンでカンボジア代表として出場。いまも数々のマラソン大会に参加し、各地に笑いと感動を届けています。猫ひろしさんに、「スッキリ、スースーさせたいとき、どうしていますか」を聞きました!

気分をスッキリ、スースーさせたいと思うのはどんなとき?

嫌なことが続いてしまったとき。

実際に「スッキリさせたい!」と思ったできごとを教えて

・つまらにゃいことで人と口論になった。
・マラソンの練習で思うようにタイムがでないとき。
・テレビ収録で、一言もしゃべれなかったとき。

そのとき、どんなことをしましたか?

・夜に気の済むまで走りました。
・悪いところを、一から振り返ってきちんと反省してから「爆睡」。

結果的にスッキリ、スースーできましたか? 

できました。やっぱり俺、最高ニャー。

これまで一番スッキリ、スースーした体験は?

オリンピックでゴールできたとき。

猫ひろし(ねこ・ひろし)[プロフィール画像]

猫ひろし(ねこ・ひろし)

1977年8月8日生まれ、千葉県市原市出身。147㎝の小さな巨人。芸人・猫ひろしギャグ百連発はいまだ進化中! そのかたわら芸能界きっての健脚としても知られる。2006年「TBS感謝祭」赤坂ミニマラソンで好成績を出し、マラソンジムに通うようになる。2008年の東京マラソンで本格的にマラソンに着手。2011年カンボジアにて五輪代表になるべく国籍を変更する。一度、カンボジア代表でロンドン五輪出場決定となるが、IOCより参加資格を満たしていないと判断され出場できなくなった。それから4年間、カンボジア内で1位を死守し、2016年リオデジャネイロ五輪男子マラソンでは、カンボジア代表で出場を果たした。自己ベストは2015年2月東京マラソン2時間27分52秒。

ページ上部に戻る